店舗紹介

代表あいさつ

門司港の風景

明治時代に門司に港湾事業を行うため、門司港が整備されました。また旧国鉄の門司鉄道管理局が九州全域の鉄道の管轄を行いました。そのため、神戸に本社があった鈴木商店が工業の立地条件の良さを利用してセメント会社・製鉄所・製糖会社・ビール工場など日本経済の発展を担う多くの工場を生み出しました。その後それぞれ名前を変えて成長していきました。門司港は日本銀行・都市銀行・金融証券会社・船会社や運輸会社がひしめきあう九州で一番元気な街でした。そんな中、弊社は大正5年創業致しました。
太平洋戦争後、朝鮮戦争が勃発して門司港は前線基地として戦時特需で賑わいました。その時代に先代が以前から関門の特産品の「うに」を原材料にしたお菓子を発案しました。そして昭和26年に関門銘菓「雲丹饅頭」が生まれました。その後改良を重ねていき今日まで多くのお客様のご愛顧をいただいております。近年5代目が神戸で8年の修行を終えて帰郷し新しい商品をお届けしています。2015年には創業100周年を迎えます。
門司港を以前のように元気な街にするべく、今後ともこだわりの原材料を使用し、お客様に喜んでいただける御菓子をお届けする地域密着の会社でありたいと思います。

店舗情報

店舗名 合資会社 妹尾商店 アクセスマップ
ショップ名 うにまん本舗 かど屋
大きな地図で見る
代表者 代表社員 妹尾則子
住所 〒801-0863 福岡県北九州市門司区栄町10-1
電話番号 093-321-2029
FAX番号 093-321-2029
E-mail seoshop.ad@gmail.com
URL http://mojikouretro.co.jp
主要製品 和菓子・洋菓子の製造販売

アクセス情報

JR門司港駅から 徒歩7分 福岡銀行前交差点を右折 80メートル左側 茶色5階建てビル1階です。

かど屋周辺情報

門司港レトロ観光

門司港駅 国際友好記念図書館 門司港レトロ展望室
門司港駅 門司港レトロ展望室 国際友好記念図書館
大正3年(1914)2月1日に旧門司駅として開業。左右対称の駅舎はネオ・ルネッサンス様式の木造建築で、昭和63年に鉄道駅舎では初の国の重要文化財に指定されました。 日本を代表する建築家黒川記章氏が設計した、高層マンション「レトロハイマート」の31階に「門司港レトロ展望室」があります。ガラス張りの開放的な空間の中で、四季折々美しく変化する海峡のパノラマが楽しめます。 亭政ロシアが中国(大連)に建築した東清鉄道オフィスを、北九州市と大連市の友好都市締結15周年を記念して複製建築したものです。1階はレストラン、2階は中国・東アジアの文献を収蔵した図書館、3階は資料室になっています。

■TEL/(093)321-6110

■TEL/(093)321-4151

■TEL/(093)331-5446

※他にも、歴史的な建造物、懐かしい風景などがあります。

門司港レトロ散策(乗り物)

散策にオススメな、楽しい乗り物がたくさんあります。門司港の観光にご使用ください。見ても楽しめます。

潮風号

優しい潮風を愉しむトロッコ列車の旅が楽しめます。4月~11月の土・日・祝と春、夏休み、GWに運行をおこなっています。

平成筑豊鉄道株式会社(門司港事業所)■TEL/093(331)1065

めかり絶景バス

和布刈地区を巡ります。4月~11月の土・日・祝と春、夏休み、GWに運行をおこなっています。

西鉄お客さまセンター■TEL/0570(00)1010・092(303)3333(IP電話・PHS)

レンタサイクル

潮風を浴びながら、門司港を散策をするには、お手軽な自転車がオススメです。

JOYiNT門司港■TEL/093(321)2272

遊覧船・SANTA

海風を感じながら、関門海峡を15分間のプチクルーズが楽しめます。

関門汽船■TEL/093(331)0222

人力車

門司港の名物、人力車で古き良き時代へとタイムスリップ。
俥夫が、地元の人しか知らない穴場の観光スポットを教えてくれるかも。

予約・問い合わせ えびす屋門司■TEL/093(332)4444

門司港Cab(ロンドンタクシー)

レトロな街並みにピッタリの本物のロンドンタクシー。

予約・問い合わせ 九州観光タクシー ■TEL/093(331)8943